バガボンド~アメリカ大学院留学編~

2017の夏からMITの大学院でサイエンスを極めんとする者の備忘録。院留学に役立つ情報半分、単なる日記半分で進める予定。

Hello New World

First of all...

英語のスコアいらない!?

TOEFLGREの遍歴


f:id:keplokfor:20170226003431j:plain





前回は、

keplokfor.hatenablog.com

TOEFLGREなどのスコアは審査において重要性が低いということ紹介した。

そこで今回はこの結論に至った経緯に関してお話したい。

まず、見ていただきたいのが次の僕のTOEFLの遍歴だ。

Test Date Score
February 22, 2014 78
April 12, 2015 90
June 13, 2015 93
September 19, 2015 97
October 31, 2015 99
May 29, 2016 82
July 2, 2016 99
September 25, 2016 101


ここで注目していただきたいのは、赤くマークされた期間だ。2015年10月から2016年(大学院にアプライした年)に101点を取るまでのおよそ一年弱の暗黒時代、まったく点数が伸びずもがいていた期間だ。

何もすんなり100点を超えるとは思ってなかったが、一番つらかったのは、奨学金の申請やら国内院試やらで一番忙しい8,9月にさらに英語の勉強をしなければいけなかったことだ。

それでもどうにか時間を捻出し、なんとかTOEFLで目標の点数をとることができた。


 もう一つ、GREsubject(僕の場合はphysics)に関していえば、なぜか日本では会場が

沖縄!?

にしかない。(名古屋にあるという噂も、、、)



なんでよりによって日本の最果ての地でしかやんないんじゃああああ!!!(注:沖縄自体はとても好きです)



しかし、ほかにどうしようもないのでわざわざ飛行機で受験しにいったりなんかした。



 そんなかんなで、かなりの時間と気力を費やしようやく必要なスコアをそろえたのち、入りたい研究室の先生とのSkype Interviewにこぎつけることに成功する。研究の話をしつつ何気なく必要なスコアに関して聞いてみると、



Professor 「TOEFL? GRE? No,No. It does not matter. Because now we can communicate in English, right? 」 (肩すくめながら)


∑(゚Д゚)!? 「まじで、、、」


結構お金とか、努力したんすけど、、、まあそのおかげで英語がある程度はなせるようになったからいっか、、